文字サイズ

更新日:2022年9月15日

ユアトーン (電気式人工喉頭)

喉頭がんや気管切開、ALS、麻痺等により話すことができない方の発声を補助する器具

※詳しくは、問合せ窓口にお問合せください。

「ユアトーン」は、喉頭がんや気管切開、ALS、麻痺等により話すことができない方の発声を補助する器具です。
器具が声帯の代わりとなる「ブー」という振動音を作り出します。振動する部分を喉に当てることで、その振動音が口の中に伝わり、口と舌を動かすことで声になります。

【特徴】
・人の声には、声の柔らかさや聞き取りやすさを生み出している細かい音の変化(ゆらぎ)があり、それを付加した音を出すことで、より聞き取りやすい柔らかい声を実現。

・G-1モデルは、指によるスイッチ操作により、音(声)の高低(抑揚)をつけることが可能。

・S-1モデルでは、スイッチ操作により予め記憶してあるメロディを再生し、簡単に歌を歌える機能がある(ハッピーバースデー、北酒場の2曲)

・喉に当てる部分に丸みがあるため、他社製品と比較して声が響きやすい。

・使用頻度の低いスイッチ類を裏蓋に収納しているため、持ちやすくシンプル。

・毎回電源を入切しなくても、操作スイッチを押すだけですぐに話すことが可能。

・文字表記やダイヤルが大きいため、高齢の方でも見やすく、操作がしやすい。

何等かの理由で話せない方でも、口と舌を動かすことができれば使用することが可能です。

※首元の皮膚の状態によっては声が響きにくい場合があります。その場合は、振動する部分を頬にあてるか、オプション品のパイプアダプターを取り付けることで、音を直接口の中に響かせる ことができるため、話すことができるようになる可能性があります。

※手などに麻痺がある方は、周りの介護する方やご家族が、ご利用者様の喉に器具を当ててあげる必要があります。

詳しくはこちら→「ユアトーン」詳細ページ

メーカー

参考価格

S-1モデル:73,000円
G-1モデル:75,000円

参考画像


関連する支援機器情報

RSS

  • 身体の不自由な方のための意思伝達装置「伝の心」

    11月09日

    身体の不自由な方のための意思伝達装置「伝の心」

    自分の気持ちを周囲に伝えたい、周りの景色を眺めたい、本やテレビを自由に楽しみたい。それは身体の自由が奪われ、話すことさえ困難になっていく、さまざまな難病と闘う患者さんの切実な願いです。「伝の心」は自分の気持ちを言葉にできる、重度障害者用の意思伝達装置です。


  • 自分の声を録音してつくる音声合成ソフトウェア「ボイスター」

    11月07日

    自分の声を録音してつくる音声合成ソフトウェア「ボイスター」

    ボイスターは、声を失われる人に向けた「自分の声」で語り掛けるための音声合成ソフトウェアです。あなたの声を録音して作るので、ひとりひとり違った「自分の声」の読み上げソフトができあがります。



ページトップ