文字サイズ

ITを活用し、障がいのある方の可能性を広げます。

障がいのある方のIT活用を支援するため、『神奈川県障害者IT利活用推進事業』を運営しています。
当サイトは、IT活用をサポートする情報をわかりやすくお伝えします。

IT利活用の相談窓口
ITセミナー情報

アプリを探す

200以上のスマホアプリを紹介

IT機器を探す

障害に応じた支援機器を検索

活用している様子を知る

活用事例や支援活動をご紹介します

パソコンとスマホを有効に使う

アクセシビリティ設定の方法について

関連情報を調べる

機器の展示や行政や民間の支援について

最新記事

アプリ、IT機器、団体情報、セミナーなどをお知らせします

  • 絵文字で気持ちが伝えられる重度障害者用意思伝達装置「eeyes」

    01月10日

    絵文字で気持ちが伝えられる重度障害者用意思伝達装置「eeyes」

    「eeyes」は、視線検出式入力装置を接続しての目の動きによる入力が特徴の意思伝達装置です。特許を取得した独自の補正処理により、意思伝達装置と目の位置関係が多少ずれても入力を続ける事ができます。また、絵文字も使う事ができるので、気持ちをつたえる顔文字や身体の部位を示す絵文字、ベッドや車いすなどの物や、上げ下げや広げるなどの操作に関する絵文字を組み合わせて、通常の文字より素早く意思の伝達を可能とします。

  • レイアウトの変更や様々なパーツのカスタムが可能なタイマーアプリ「フリースタイルタイマー」

    12月01日

    レイアウトの変更や様々なパーツのカスタムが可能なタイマーアプリ「フリースタイルタイマー」

    このアプリは、レイアウトの変更や様々なパーツのカスタムが可能なタイマーアプリです。タイマーの形や絵カード設定、アラーム機能などもあるため、自分の使いやすさを追求した設定が可能です。

  • 身体の不自由な方のための意思伝達装置「伝の心」

    11月09日

    身体の不自由な方のための意思伝達装置「伝の心」

    自分の気持ちを周囲に伝えたい、周りの景色を眺めたい、本やテレビを自由に楽しみたい。それは身体の自由が奪われ、話すことさえ困難になっていく、さまざまな難病と闘う患者さんの切実な願いです。「伝の心」は自分の気持ちを言葉にできる、重度障害者用の意思伝達装置です。

ページトップ