1. トップページ
  2. 支援したい
  3. 障害者IT支援団体になるには

障害者IT支援団体になるには

IT支援団体とは?

1 障害者IT支援団体とは
障害者IT支援団体(以下、「IT支援団体」という。)は、障害者等からのIT支援要請について、当制度事務局より依頼を受け、登録ボランティアを派遣する団体です。 IT支援団体は認証制を採用しており、次の要件を満たした団体がIT支援団体として認証され、当制度のスキームに参加いただくこととなります。
2 要件について
  1. (1)当制度の事務局が主催する「IT支援団体説明会」に参加すること
  2. (2)当制度の事務局が主催する「IT支援ボランティア養成研修」を受講した方をを登録ボランティアとして受け入れることができること
3 注意点
  1. (1)登録ボランティアが所属していない場合でも認証を受けることは可能です。
  2. (2)事務局は、登録ボランティアのスキルや依頼者の住所等を勘案して派遣要請を行うため、認証を受けた場合でも、派遣要請を行わない場合がございますので、予めご了承ください。
  3. (3)当制度スキームで支援を行う場合、登録ボランティア以外の者を利用者へ派遣することはできません。
  4. (4)認証団体は当制度のホームページに掲載いたします。
  5. (5)当制度は無償ボランティア事業であり、派遣要請等にかかる対価は発生いたしません。

IT支援団体の認証から派遣要請までの流れについて

  1. (1)当制度の団体向け説明会へ参加します。

  2. (2)事業の趣旨に賛同いただき、当制度に参加を希望する団体は、必要書面をご提出いただきます。事務局にて内容の審査後、支援団体として認証します。

  3. (3)障害者IT支援団体として認証を受けた団体は、IT支援ボランティア養成研修を修了したボランティアの申出により登録します。

  4. (4)事務局からのボランティアの派遣要請に基づき、登録ボランティアを依頼者へ派遣します。

IT支援団体説明会のご案内

現在のところ開催予定はございません。 詳細が決まり次第、当WEBサイトでお知らせいたします。

関連情報